ブラック微糖

スッキリとしたコク、ちょっぴり甘い味わい

【音質レビュー】Amazonで買ったBluetoothイヤホンの音質はどうか?1399円からの600円引きクーポンで799円で買えるぞ!

こちらが購入した完全ワイヤレスイヤホンである。600円引きクーポンあるよ!

 

小箱に入って送られてきた。製品名は「Pro101」というらしい。かなり小さくて驚いた。しかもこういう商品の時に限って梱包が厳重だったりする。でかい段ボールできた。

これがイヤホン本体。あれだね、AirPodsの第二世代のパク・・・インスパイアされたイヤホンだね!

このイヤホンのいいところは、長時間つけていても蒸れないこと。シリコンイヤーピースのイヤホンだと、長時間つけていると痒くなったりする。このイヤホンにはその心配はない。ただし、この形状のイヤホンに共通するが、”音漏れ”しやすいので音量には気を付けよう。

写真がボケてますが実際はクッキリですからね。本体内のバッテリー表示があり、フル充電されて送られてきたらしい。96%残ってました。

 

使い方は

  • ふたを開け、イヤホンを取り出すとオートペアリング開始
  • 発信側(スマホや音楽プレーヤーなど)のBluetoothをオンにして機器検索する
  • 「Pro101」が候補に出るので登録(タップ)
  • コネクテッドと音声が聞こえればOK。
  • 終了時はケースに戻せば自動で電源オフ、充電が開始される

Bluetoothイヤホン共通ですが、音量が高めになっていることが多いです。耳にはめる前に音量調整してから装着しましょう。

ちなみに音量調整の仕方は「右のイヤホン2回タップで音量上げる、左のイヤホン2回タップで音量を下げる」となっています。

ポンポンって感じで2回やればOKです。音量が変わったときにナビゲーションの音がなります(電子音ですね)

さてさて、肝心の音質レビューですよね?あくまで個人的な感想なので参考までに。

※プレーヤーはウォークマンA35、音源はすべてFLACです。

良い点

  • 799円(1399円)で買えるとは思えないほど高音質です。
  • 高音域、中音域、低音域、すっきりと聴きやすいイヤホン。
  • どんな曲でもバランスよく鳴らす印象。
  • イヤホンの構造上、音の”抜け”が良い。好印象。
  • 低音域も主張はしないが、十分に聴ける。
  • タッチなどの反応も良く、操作が軽快である。

悪い点

  • 音漏れは覚悟したほうがよい(構造上仕方ないですが)
  • 曲頭1秒くらい途切れるときがある。
  • 人によってはすぐに耳から落ちてしまうかもしれないので、ダイソーなどで売っているシリコン製のアダプターを装着したほうがいいかもしれない(人の耳の形は千差万別なので、しっくりくる人とこない人が出ると思われる)
  • 自転車などで使うのは危ないのでやめといたほうが良い。

こんな感じでしょうか。正直800円しないで買えるんだと考えれば、悪いところは目をつぶってもいいでしょう。ただし、耳の形は人それぞれなのでそこは言っておきます。

ちなみにダイソーのシリコンカバーはこれ↓

AirPods & Earpods用 シリコンカバーjp.daisonet.com

AirPodsのパク・・・インスパイアなので、形は合うと思います(おそらく・・・なので、自己責任でお願いします)

あとは耐久性ですね。安い完全ワイヤレスイヤホンに共通するのは「2週間くらいで充電できなくなった」というトラブルが多いです。充電部分の端子がバカになっちゃうんですよね。端子を磨くとか接点復活剤を塗布するとかで直ればいいですが。

今のところ5回くらい確認しましたが、キチンと充電されています。

とりあえず気に入ったのでウォークマンで聴くときはこのイヤホンで聴こうと思います。何か不調が起こったら記事にしますね。