ブラック微糖

スッキリとしたコク、ちょっぴり甘い味わい

積みラノベを崩していこう!紙本から読んでいくぞ。軽く1000冊は積んでいる。お気に入りのブックカバーがこれだ!(家でしか使わないが)

積みラノベが大量にある。紙本・電子書籍合わせて1000冊は軽く超えている。

お得だったとか読みたかったとかチャチなもんじゃ断じてねぇ・・・もっと恐ろしい積みラノベの片鱗を味わったぜ・・・!

気が付くとこんなに溜まってたんだなと我ながらすごい。そして読むのも遅いのよな。

ラノベを読み始めたのは高校生のときで、初ラノベは「ブギーポップは笑わない」だった。めちゃんこ面白いと思い、ラノベ熱は上がる一方だった。マジで雑食だったため、なんでも買ってた。ラノベは昔のほうが~とか真顔で言っちゃうタイプかもしれない。

でも、今どきの「誰かの真似」のラノベには辟易している。それでは誰にも読まれないし、自分も続かないと思うぞ。

異世界転生ものが流行れば異世界ものしか出なくなるし、悪役令嬢系が流行れば似たようなのしか出ないし・・・。

なので、今はかなり厳選してラノベを購入しています。昔なら手を出したものも、今は「待て」ができる歳になりました。すごいね。

Twitter上のラノベ批評はかなり参考になります。っていうか批評される方も面白くないとツイートしなくない?面白かったときの批評しか見かけないのだが。

サークル無限軌道(トモセシュンサク先生)のブックカバー!

俺の妹がこんなに可愛いわけがない」より”聖天使神猫”だぁー!イエーイ!

マジで†聖天使猫姫†って思いついた人天才だろ。聖なる天使で猫で姫だぜ?

海鮮丼に魚のあら汁ついてるくらい豪華だろ。

裏面は本名かぁー?!(俺妹読んでたけど本名忘れてしまった)

そこのモニタの前のあなた!欲しくなりましたね?駿河屋でワンチャンあるかもよ。

無限軌道で検索検索ゥ!

とりあえず最初は単巻で完結している作品を読もうと思います。ラノベも読むと面白いんですよね。

小悪魔ティーリと救世主という作品をまず読みます。