ブラック微糖

スッキリとしたコク、ちょっぴり甘い味わい

SNSと距離を取る。ツイッター、フェイスブック、インスタグラム。毎日チェックしていたけど、ちょっと控えます。

若者たちのSNS疲れ なんて言葉があったりしますが、みんな本当に必死すぎる感がありますね。居場所を作らなければ存在価値がないようなことを思っているのでしょうか

動画の再生数とかいいね!の数とかで人生を決めていませんか?

そんなものにはまるで価値はありませんよ。7年ツイッターをやっているのにフォロワーが9人しかいない私が言うんだ間違いない(ちなみに半分は企業アカウント)

フハハハハハ怖かろう。ってか本当に思うんですよね。再生数とかいいねとか本当にただの数字でしかないのに、それを得るためにいろいろと犠牲にしている人、疲れませんか?

なんというか「人生の瞬間最大風速」みたいなのが来て、それが過ぎ去ればまた”無”に戻る。バズったとかバズらないとか。一瞬だけそんなのがありますよね。

その一瞬にかける、っていうとカッコイイけど本当に一瞬。明日になれば忘れられる存在です。

何気ないことでバズったならいいんですけど、必死にバズらせようとする行為をして大していいねつかないとメンタルに多大なダメージが入りますよね(あるあるだよね!

本当に少しSNSから距離を取るってことは大事なことだと思います。

毎日ログインボーナスがあるわけでもないし、自分のタイムラインを一番上まで追いかけなくてもいいんです。普通に見てても高速リロードされて見えなくなるやつあるよね?(ツイッターの謎機能)

インスタ映えなんて未だに使われてますが、写真や被写体がきれいなだけであって、撮った本人がきれいなわけではないし、自分が評価されているというのはなんか違うと思います。

まぁきれいな写真が撮れるという技術は褒められると思いますが。

SNSで言った言葉、言われた言葉にいちいち反応する必要もないし、もっと気楽に考えていいと思いますよ。

なんというかツイッターを見ていると被害妄想が過ぎる方が多くみられるので、もっと肩の力抜いて向き合ってもいいんではないかと。

人間は人間を求める動物ではありますが、一人の時間というのも大事にするといいと思います。

マインドフルネスってやつですねー。瞑想するといいですよ。