ブラック微糖

スッキリとしたコク、ちょっぴり甘い味わい

【レビュー】KZのイヤホンをBluetooth化する!KZ AZ09の実力は?

 

七爺です。KZ ASFが3400円引きで買えたので、その浮いたお金でこちらのBluetoothモジュール(2800円)を購入しました。

箱と中身です。本体は結構大きめです。イヤホンを収納するスペースの関係上でしょう。

これがKZ ASFを装着した状態です。蓋を開けた途端にBluetoothのペアリングが始まります。ASFが入るぐらいの広さがあるので、KZのイヤホンならほぼ入るんではないでしょうか。内蔵バッテリーは880mAだそうです。3~4回分の充電可能容量でしょうかね。

本体の充電スピードが速いです。それもそのはず、USB Type-Cでの充電なのです!

microUSBと比べて3分の1か、それ以上早いスピードで満充電になります。

とりあえず使用感。

・まず、フタを開けた時点でペアリングモードになる。

・Bluetooth5.2の恩恵か、スマホとのペアリングは早い。

・ほぼ途切れない(10時間ぐらい聴いていますが、まだ一度も途切れてません)

注意しなければならない点

・電源オフは自分で行うこと(充電台に置くだけで自動オフになるBluetoothイヤホンもありますが、こちらの商品はそうはなりません)

・電源オフはボタンを6秒間押すことでオフになります。

音質は良いです。ケーブルレスなのは本当に快適です。でも若干ホワイトノイズがあるかな(無音状態になると聞こえます。まぁ電源入っているんだなぁって感じで気になりませんが)

注意なのですが、KZのイヤホンには2種類のコネクタがあります。

タイプC、タイプBの2つです。

コネクタが出っ張ってるやつと窪みにコネクタを刺すタイプの2種類です。

自身のKZのイヤホンがどちらかを必ず確認してください。

リケーブルのときにも同様に注意してください。

 

お気に入りのイヤホンがBluetooth化できるので、これは便利ですよ。

iPhoneや最近のandroid端末もイヤホンジャックがない機種がありますので、そういった際に役に立つと思います。